スポンサードリンク

田畑智子の実家の料亭で両親とは?自殺未遂の真相とは一体?

田畑智子の実家の料亭で両親とは?自殺未遂の真相とは一体?

田畑智子の実家や芸能界デビューから女優としての

田畑智子さんは女優として活躍をしている
方です。

 

1980年12月26日生まれなので、2018年
には、38歳になります。

 

京都府京都市東山区出身で
祇園の老舗料亭「鳥居本」に生まれました。

 

「聖母学院小学校」
「聖母学院中学校・高等学校」
「金光第一高等学校」に転学後卒業をしています。

 

「龍谷大学文学部哲学科」を中退しています。

12歳のときに「カノックスフィルム」に
所属をして1992年公開の映画
「お引越し」の主演女優としてデビューを
しています。その際新人賞を多数受賞して
います。

 

1996年から2001年頃まで久世光彦演出
ドラマ「向田邦子シリーズ」に毎年出演を
しました。

 

2000年にはNHK朝の連続テレビ小説
「私の青空」でヒロインとなりました。

2002年には「月曜ドラマシリーズ」で連続
テレビ小説作品史上初の続編となる
「私の青空2002」も放映されました。

 

ディズニー映画「リロ・アンド・スティッチ」
の吹き替えで声優デビューも果たしています。

2004年には大河ドラマ「新選組!」で近藤勇
の妻である「つね」役を演じる。

2011年8月29日発売写真集
「月刊NEO田畑智子」にて自身30歳を
記念してフル◯ードに挑戦しました。

田畑智子の実家の料亭で両親とは?自殺未遂の真相とは一体?

 

スポンサードリンク

 

田畑智子さんは老舗料亭の鳥居本に生まれて
います。

老舗料亭だったこともあり、また元芸妓の
祖母や両親から京都人として厳しく育てられて
います。

 

トイレは夜間は客人と共用のために短時間
で済ませ、家の中では「京言葉」と正座を
常にさせられていました。

 

かなりの習い事も数多く経験して
卒業した学校の高速も厳しいという甘えの
ない環境が上京するまで続いたようです。

 

300年になるという老舗料亭の父親は
田畑善規さんで母親は田畑洋子さんです。

 

父親で8代目になります。

母親は元々は京都でNO1の芸妓(げいぎ)
さんだったそうです。

 

NO1美人芸妓さんと超名店の若旦那が
結ばれたことは当時の祇園でかなりの
話題となりました。

 

ご両親はとても仲が良いようで田畑智子
さんは理想の家族を実家の両親と公言
しているようですね。

 

そんな田畑智子さんは俳優の岡田義徳さんと
熱愛が報道されています。

2011年週刊誌によって熱愛が報道されて
いますが・・・・

 

当時はお互いをただの友達と否定をして
いました。

しかし、2015年11月ある事件が起きます。

 

カボチャ事件といわれていますが・・・

情報番組で女性が睡眠薬を飲んで手首
を切ったと通報されました。
その女性が田畑さんだったんです。

 

田畑智子さんの事務所は包丁でかぼちゃを
切ろうとしたところ手を滑らせて誤って
手首を切ってしまったと語りました。

 

しかし・・・・現場に駆けつけた警察官
は自殺と事故の違いは一目でわかるけれど
明らかに自殺の疑いがあると言っていた
ようです。

 

その時にはまだ岡田義徳さんとおつきあい
中だったの痴情のもつれから自殺をはかった
のでは?という憶測が飛び交いました。

 

7年間の交際期間中に愛憎劇を繰り広げて
きた2人でしたが、2017年に2人で手をつないで
デートしているところを週刊誌に撮られて
います。

 

さらに岡田義徳さんは両親にも挨拶に
いって結婚をすると語っているようですね。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ