スポンサードリンク

デヴィ夫人の孫はキラン以外には何人いるの?衝撃の画像公開で!

デヴィ夫人の孫はキラン以外には何人いるの?衝撃の画像公開で!

デヴィ夫人の幼少期やスカルノ大統領夫人としての?

デヴィ夫人は日本生まれでインドネシア国籍
のタレントとして活躍をしている方です。

 

1940年2月6日生まれなので、2017年には
77歳になります。

 

生まれた日本名は「根本七保子」さんです。

東京都に生まれ日本人の父親兵七郎さんと
母親である政子さんの間に生まれています。

 

父親は大工をしていて決して家庭は
裕福ではなかったようで多額の借金をして
いたぐらいだったようです。

 

15歳になったデヴィ夫人は映画
「青ヶ島の子供達 女教師の記録」にエキストラ
として出演をしました。

 

「東京都立三田高等学校定時制部」に進学すると
同時に150倍の難関を突破して
千代田生命保険に入社をしたんですが
昼休みや休日にも貧しい家計を維持するために
喫茶店などでアルバイトを掛け持ちする日々を
送ったようです。

 

1956年に父親が亡くなり高校を中退しました。
その後、赤坂の有名高級クラブで働きました。

 

1959年の19歳のときにインドネシアの
開発援助に伴い秘書という名目でスカルノ
大統領のもとに送り込まれました。

 

その後しばらくは愛人の一人だったそうですが
1962年にスカルノ大統領と正式に結婚を
して4人夫人の第3夫人となりました。

 

1965年に軍事クーデターが起きスカルノ
が失脚をしスカルノは軟禁状態におかれたが
第2夫人を除く夫人は大統領のもとを離れ
逃げ切りました。

 

1967年に都内の病院でデヴィ夫人は娘の
カリナさんを出産しました。
スカルノ大統領にとっては8番目の子供でした。

 

その後デヴィ夫人はフランスへと亡命しています。

以前からクーデターを予期していたスカルノ
大統領はスイスへ巨額の資金を確保されていた
と囁かれていました。

 

しかし、第3夫人のデヴィ夫人に資産が与えられ
なかったともいわれていますが
その後のインドネシア政府の方針で
遺産分与が行われたようですね。

 

1991年にアメリカのニューヨークに移住をし
ここからはインドネシアの第一線から退いて
政治の動乱には巻き込まれることはなくなった
ようです。

 

その後日本でタレントとして活躍をすることに
なりました。

デヴィ夫人の孫はキラン以外には何人いるの?衝撃の画像公開で!

 

スポンサードリンク

 

デヴィ夫人はスカルノ大統領との間の
子供さんであるカリナさんを1967年3月11日
に出産をしています。

若い頃にはカリナさんはニューヨークの
ヴィヴィアン・ウエストウッドで
働いていたこともあるそうです。

 

娘さんであるカリナさんは2005年11月26日に
オランダで米系大手金融機関シティバンクの
欧州・中近東・アフリカ地区CEO
フレデリック・シーガスと挙式をしています。

 

超がつくほどのエリートだそうです。

 

ロンドンとジャカルタを往復する生活
を送っているようですがジャカルタのマンションは
ホテルと連携をしているという超高級マンション!

 

お金持ちで生まれ育った人はやっぱり
お金持ちと結婚してセレブな生活を送るんですね。

 

その娘であるカリナさんには一人息子
である「キラン」くんがいます。

 

キランくんはデヴィ夫人のお孫さんに
なるということですね。

 

2017年10歳になるキランくんは超がつく
イケメン!!幼少のころからメディアに
登場していましたが、小さいころから可愛い
顔をしていたんですが、成長と共にとにかく
かっこよく育っています。

 

こちらからデヴィ夫人のお孫さんのキランくん
を見ることができます。

デヴィ夫人は子供さんがカリナさんだけなので
お孫さんも現在はキランくん一人だけという
ことになりますね。

 

ちなみにキランという言葉はサンスクリット語
で「光の輝き」という意味なんだそうです。

デヴィ夫人御用達のふりかけが大人気で注文殺到!

デヴィ夫人といえばありえないぐらいの
美貌の持ち主ですが・・・

 

普段の食生活もかなりのセレブっぷりを
発揮しているようですが・・

 

以前雑誌にデヴィ夫人御用達のふりかけ
として紹介された「食べる唐からし」が
大人気でめちゃくちゃおいしいと評判なんです。

あの舌の肥えたデヴィ夫人をも魅了している
なんて一度は食べてみたいと思ってしまいますね。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ