スポンサードリンク

三船敏郎の晩年の嫁や生活って?息子との関係は?喜多川美佳とは

三船敏郎の晩年の嫁や生活って?

息子との関係は?

喜多川美佳とは

mifune_001

三船敏郎の晩年の嫁や生活って?

三船敏郎さんは俳優として
も映画監督としても大活躍をした
方ですね。

 

三船敏郎さんは1920年4月1日
生まれで
1997年12月24日に満77歳で
亡くなられています。

 

三船敏郎さんは中国で生まれていますが
日本人の両親です。

 

父親が名家の三船家の次男として
生まれて貿易商や写真業を営んでいたんです。

 

父親は日本で医師を目指していたんですが
写真に夢中になってあちらこちらを旅を
して結局中国にたどりつきカメラ店を
開業したんですね。

 

日本の映画界を語る上で三船敏郎さん
なしでは語れないというぐらいの
ことをなし得ているすごい人物ですが
過去がすごかっただけに晩年の生活が
どうだったのか気になる人も多いようですね。

 

映画界や芸能界での活躍には
めざましいものがあったのですが
プライベートでのトラブルが晩年は
あったようですね。

 

結局なにかというと男女間のもつれと
いうことになります。

 

三船敏郎さんは1950年に東宝第1期ニューフェイス
で同期だった女優の吉峰幸子さんと結婚をしました。

 

その後、三船敏郎さんと吉峰幸子さんの
間には2人の息子さんが生まれました。

 

1970年代の次男が10歳になるくらいまでは
夫婦関係に問題はなかったようです。

 

スポンサードリンク

 

しかし、夫婦関係が冷めきったものになって
いきさらには三船さんの酒乱に嫁は
悩んで、三船敏郎さんを家から追い出したそうです。

 

旦那が改心して復縁を嫁は望んでいた
ようで、三船さんが離婚しようとしたら
幸子さんは拒否したようですね。

 

離婚裁判にまで及んだんですが
幸子さんが離婚届に判を押すことは
なかったそうです。

 

その離婚裁判後に現在女優やタレントとして
活躍している三船美佳さんの
お母さんである喜多川美佳さんと交際を
始めています。

 

なんと!

1974年に来日した米フォード大統領
を迎賓館に招いた晩餐会の席には「喜多川美佳」
さんを嫁として同伴したんです。

 

もちろん吉峰幸子さんとは離婚をしていない
ので、喜多川美佳さんは内縁の妻ということに
なりますね。

 

1982年には三船美佳さんが生まれます。

そして・・・ここからが晩年の話になりますが

1992年に三船敏郎さんが心筋梗塞で
倒れたんですね。

 

それをきっかけに喜多川美佳さんは
三船敏郎さんとの関係を解消して面倒を
見ることを拒否したようですね。

 

しかし!!!!!
ここからすごいのが・・・嫁の吉峰幸子さんです

 

吉峰幸子さんはなんと三船敏郎さんの
看病をすると自分から言いだしたんです。

 

裏切られたにもかかわらずに・・・・

それ以降は嫁の吉峰幸子さんが三船さんの
看病をして円満な夫婦関係が続いたそうです。

 

1995年に吉峰幸子さんは亡くならてしまったんですね。

三船敏郎さんがなくなる2年前でした。

 

三船敏郎さんは一説によると
喜多川美佳さんと関係を解消したのは
自分からだともいっていたようです。

 

喜多川美佳さんは自分が本妻になれない
のであればと、三船敏郎さんの財産の
大半を喜多川名義に移したともいわれています。

 

結局長い生活を送る中で自分にとって
誰が一番愛してくれて考えてくれるか
晩年の病気後に気づいたのかもしれませんね。

三船敏郎の息子は現在どうしている?

三船敏郎さんには2人の息子さんがいます。

 

長男は三船史郎さん
次男は三船武志さんです。

 

長男の三船史郎さんは1950年11月27日
生まれなので、2015年で65歳になります。

 

俳優や映画監督として活躍しています。
成城大学在学中に映画に数本出演していました。

 

成城大学卒業後には父親である
三船敏郎さんが経営していたドイツの
レストランで支配人を務めていたことも
あるそうです。

 

現在は三船プロダクションの代表取締役社長
を務める傍ら、俳優としても活動しています。

 

三船敏郎さんの息子の三船史郎さんの
画像はこちらから見ることができます。

 

次男である三船武志さんに関しては
情報が全く出てきていないので
芸能界での俳優活動などには携わって
いないようですね。

 

もしかすると三船プロダクションなどの
仕事には携わっているかもしれません。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ