スポンサードリンク

内田篤人の嫁は榎田優紀で可愛くないやさげまんの真相とは?

内田篤人の嫁は榎田優紀で可愛くないやさげまんの真相とは?

内田篤人の学生時代や選手としての活躍とは?

内田篤人さんはプロサッカー選手として
活躍をしている方です。

 

1988年3月27日生まれなので、2017年には
29歳になります。

 

静岡県田方郡出身で、函南中学校時代には目立った
活躍はしていませんでしたが、高校入学に際し
静岡県中部地区の強豪校を志望して将来の
大学進学も視野に入れ進学校でもある
「清水東高等学校」に入学をしました。

 

自宅から1時間半ほどかけて通学をしていたようです。

その後、2006年に「鹿島アントラーズ」へ
入団をしています。

 

監督に就任したパウロ・アウトゥオリに高く
評価をされて、Jリーグ開幕戦でクラブ史上初なる
高卒ルーキーでのスタメン出場を果たしています。

 

2007年に名良橋晃から指名された背番号2を
引き継いでいます。
2008年には自身初のJリーグベストイレブンに
選出されるなど評価を高めて同年のシーズンオフには
鹿島と4年半の長期契約を結びました。

 

2010年7月1日に移籍金推定1億5000万円で
ドイツ・ブンデスリーガのシャルケ04へ3年契約で
完全移籍をしています。

 

2011年12シーズンは開幕前の怪我やコンディション
不良や新加入のマルコ・ヘーガの好調ぶりなどから
定位置を失いかけたものの、後半戦はレギュラーの
座を取り戻しています。

 

2012年13シーズンは開幕前に契約を
2015年6月まで延長しています。

 

2013年1月にはブンデスリーガの英語版公式HP
が選ぶ2012年ベスト11に選ばれています。

 

2013年14シーズンも前半戦は安定した
プレーを続けたんですが年明けに右太ももを
炒め戦線離脱をして、シーズンないに復帰することは
できませんでした。

 

2014-15シーズンを終えてシーズンオフの同年
6月に右膝の手術を行いました。

 

2015−16シーズンはドイツや日本国内で
リハビリに励んだんですが十分な回復に至らず
一試合も公式戦に出場できないまま同シーズンを
終えることになり日本代表でもほとんどの試合で
招集が見送られました。

 

2016年12月8日欧州ELのレッドブル・ザルツブルク
戦で途中出場をして1年9ヶ月ぶりに復帰を果たして
います。

内田篤人の嫁は榎田優紀で可愛くないやさげまんの真相とは?

内田篤人さんはイケメンで女性の人気が高いです。

 

海外でのチームメイトには内田篤人公式応援
ツアーで参加者が95人中90人が女性ということ
を知られて、日本のベッカムとからかわれるぐらい
だったようです。

さらにはチームメイトに日本でモデルをやって
いたという誤情報まで流れたのだとか・・・

 

そんな女性からの人気が高い内田篤人さんですが
2015年5月25日に一般女性と結婚をしています。

 

女性ファンからはショックで立ち直れない
といった発言が続出したようですね。

 

2017年5月13日には第一子が誕生しています。

内田篤人さんの嫁がどんな人物か気になる
人も多いようですね。

 

嫁とは小学校時代からの同級生です。

 

スレンダーな美人と評判です。

どうやら2012年8月に幼馴染として女性
3人が出演しているんですが・・・

 

その中の一人である「榎田優紀(えのきだゆうき)」
さんが嫁ではないかと言われています。

 

スポンサードリンク

 

こちらから内田篤人さんの嫁の画像を
見ることができます。

小学校からの同級生で高校も内田篤人さんと
同じ清水高校に通っていたようです。

 

しかし、高校時代から付き合っていたわけでは
ないようで・・・

 

2年間の交際期間だったようです。

2人は小学校時代から両想いだったようですが
内田篤人さんはサッカーにのめり込んだ
ためにおつき合いまでには発展せずに
大人になってからおつき合いに発展したという
ことのようですね。

 

内田篤人さんの好感度がますます上がりますね。

 

スポーツ選手は結婚をした後の調子で嫁が
さげまんだのあげまんだのといわれるようですが

大怪我を負った時にはすでに嫁との結婚が決まって
いたということからさげまんということを
いわれたようですね。

 

女性人気も高かったために熱狂的なファンから
嫉妬心でかなりのバッシングがあったようです。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ