スポンサードリンク

若村麻由美の旦那の死因の真相や遺産額が莫大な金額?

若村麻由美の旦那の死因の真相や遺産額が莫大な金額?

若村麻由美の学生時代や女優としての?

若村麻由美さんは女優として活躍を
している方ですね。

 

1967年1月3日生まれなので2018年
には、51歳になります。

 

東京都練馬区出身で
「淑徳高等学校」を卒業しています。

 

高校卒業後に俳優仲代達矢主宰の
俳優養成所「無名塾」に入塾しました。

 

高校時代に無名塾の舞台「ハロルドと
モード」を観賞したことに感銘を受けたことが
入塾をしたきっかけだそうです。

 

無名塾を卒業後に1987年に放送された
NHK朝の連続テレビ小説「はっさい先生」
にヒロイン役として出演したことがきっかけ
となり幅広い認知度を得ました。

1988年「飢餓海峡」では和服の濡れ場
に挑みました。

若村麻由美の旦那の死因の真相や遺産額が莫大な金額?

 

スポンサードリンク

 

 

若村麻由美さんは2003年に結婚を
しています。

旦那は宗教団体「釈尊会」の代表で
小野兼弘」さんです。

 

旦那である小野兼弘さんとは
「坂東三津五郎」さんらが若き日より
稽古、精進した日本舞踊の坂東流関係者を
通じて知り合いとなっておつきあいに至り
結婚をしています。

 

小野兼弘さんは1953年4月18日生まれで
岡山出身です。

 

日蓮宗系の仏教団体を主宰していた父親
の影響で幼少の頃から法華経の修行を行って
立正高校在学中には池上本門寺に
日参行を行いました。

 

1970年の秋に、霊鷲山山頂で祈祷中に
釈尊との親子の情を感じ
1982年に岡山県倉敷市児島で釈尊会を
立ち上げました。

 

当時は若村麻由美さんと渡辺謙
さんの不倫などの噂の最中での結婚発表
だったこともあり
「若村麻由美さんと小野兼弘さんの
結婚は偽装結婚だ」という人もいました。

 

結婚時には渡辺謙さんの元嫁に
4億5000万円を貸したとして若村さん
は離婚裁判に顔を出すなど話題になりました。

 

しかし、結婚生活も間もなく・・・
2007年に旦那である小野兼弘さんが
「急性肝不全で死去」という報道が流れました。

 

若村麻由美さんの旦那さんの死因は
急性肝不全ですが・・・・

 

どのような病気なのでしょうか?

急性肝不全とは?
肝臓の機能が低下するために生じる
肝不全で、慢性疲労感や吐き気、食欲の
低下などがみられます。急性のものは
症状が急激に現れてくるために短期間で
死に至こともあります。

 

旦那さんの小野兼弘さんはかなりの巨体
で知られていました。
体重は180kgあったそうです。

 

生前は酒と甘い物をとくに好んでいた
ようですね。

 

やはりあまり太りすぎると病気の心配が
つきないですし、早死にするリスクが
高いのかもしれません。

 

短い結婚生活だったり、宗教法人の代表
だったこともあって旦那の死後は
若村麻由美さんが莫大な遺産を受け継ぐ
のではないかと囁かれました。

 

しかし、一方でこんな話もあります。

 

小野兼弘さんはかなりの料亭好きで
一晩で100万円とか湯水のごとくお金
をつかっていたと・・・

 

さらには新橋の料亭に6000万円以上の
ツケをためて訴訟沙汰になった過去も
あるんだとか・・・・

 

信者の中には数千万単位で貢いでいた
人もいるようですがそのことが原因で
トラブルになったこともあるようです。

 

旦那の小野兼弘さんはお金が入って
くるだけ使っていたために遺産といえる
お金はないのではないかと・・・・

 

そして・・・お金がお布施として入って
きていて残っていたとしてもそれは
教団のお金です。

 

女優をしている若村麻由美さんが
その後に後継者として信者が認める
わけがないと・・・

 

さらには小野兼弘さんが宗教活動とは
無関係のところでつくった借金を
後に残された若村麻由美さんが肩代わり
させられる羽目になるかもしれないと
懸念されていました。

 

実際に生前に小野兼弘さんは2億7000万円
の借金をめぐって実の弟さんたちと
骨肉の争いをしていたこともあります。

 

結果として・・・・

若村麻由美さんは旦那である小野兼弘
さんが亡くなった後に東京家裁に
遺産放棄の申述書を提出しました。
遺産があっても受け取らないないし
借金があっても払わなくていいという
ことですね。

 

旦那の小野兼弘さん死後は釈尊会は
事実上解散をしています。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ