スポンサードリンク

Dear Bride西野カナの歌詞の意味とは?解釈や詳細の考えが?

Dear BRIDE西野カナの歌詞の意味とは?解釈や詳細の考えが?

dearbride_001

Dear Brideの発売や限定盤とは?

西野カナさんの「Dear Bride」は
フジテレビ「めざましテレビ」テーマソング
になっています。

 

Dear Brideは29枚目のシングルです。

2016年10月26日にSME Recordsから発売
されています。

通常盤と初回生産限定盤の2種類での発売です。

 

初回生産限定盤はオリジナル限定ジャケット
使用となっています。

2016年7月発売のアルバム「Just LOVE」の
リード曲である「Have a nice day」の
ミュージック・ビデオを収録したDVDが付属
しています。

 

2016年10月8日に国立代々木第一体育館で
開催されたファッション&音楽イベント
に出演した際に初披露されています。

Dear Bride西野カナの歌詞の意味とは?解釈や詳細の考えが?

 

スポンサードリンク

 

西野カナさんが2016年10月26日にリリース
した「Dear Bride」は西野カナさんが結婚する
友人にむけて作られた自身初のウェディング
ソングになります。

「Dear Bride」の歌詞には友人だからこそ
言える「花嫁に贈る言葉」が綴られています。

 

祝福・懐古・不安・祈りなどの様々な
気持ちをこめているようです。

 

作詞・作曲「西野カナ」

Dear Brideの歌詞はこちらから見ることができます。

「Dear Brede」の歌詞の意味を解いていきます。

 

歌の出だしはまさに友人が結婚する新しい
道への祝福を祝っています。

たくさんの愛に包まれている友人を
愛する男性との結婚を叶えた友人を
心から誇りに思っています。

 

誇りに思うということは西野カナさん
自身が結婚に対する憧れが強いことが
伺えますね。

 

友人たちの間で誰が最初に結婚をするだろう
と語り合った日々を懐かしく回想して
お祝いの鐘を聞いています。

 

真っ白の純白のウェディングドレス姿の
友人を眩しく見つめるも照れくさく感じて
いますが・・・

 

今まで見る友人の一番素敵な姿に感動し
ていますね。

結婚をしたあとに楽しいこともあり
つらいこともありという日々が過ぎて
いくなかで、いつでも彼がそばにいるから
心配ないよ!とかたりかけています。

 

友達とずっと一緒にすごして仲良く
してきた西野カナさんは友達と
彼との関係をすばらしく胸をはって

大丈夫といえると語りかけています。

 

だけど・・・・仲良しだった女友達が
結婚をしてしまうことに寂しさを感じています。

 

ずっと仲良くランチやご飯や旅行に
いってなんでも話していた友達が結婚を
するとなんだか取られた気持ちになって
しまう女心を歌っています。

 

友達の結婚は嬉しいけど少し寂しい気持ち
があることもよくわかる心情ですね。

 

結婚をすると旦那さんを優先にしないと
いけないことはわかっているけど
たまには自分との時間も作って欲しいと
願っています。

 

女性は苗字が変わることが多いですが
そんな新しい苗字にも時間が経つごとに
慣れていって料理も毎日つくって上手になって
とこれから変わる毎日のなかでも
自分と過ごしたあなたでいてねと願って
いますね。

 

大事な友人は強がりだけど・・・・本当は
泣き虫な一面があって我慢していることも
あるから、旦那さんにはずっと守って欲しい
ということもお願いしています。

 

こんな女友達がいたら幸せですね。

ウェディングドレスのベールの隙間から
涙を流す友人の顔を見るとまた感動も
ひとしおです。

 

愛する人がいるというだけで人は
強く優しくなれるんだということを
友人に教えてもらったという
西野カナさん。

 

友人が喜んでいる笑顔を見て自分の
ことのように喜んでいますね。

 

「Dear Bride」はまさに大好きな友人の
ために送られた究極のウェディングソングです。

 

これから結婚式に歌われることも多く
なるのではないでしょうか。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ