スポンサードリンク

貫地谷しほりが太った体重の実態とは?彼氏との結婚が噂される?

貫地谷しほりが太った体重の実態とは?

彼氏との結婚が噂される?

kannji_001

貫地谷しほりの芸能デビューや売れたきっかけ!

貫地谷しほりさんは女優として活躍をされて
いる方ですね。

 

貫地谷しほりさんは1985年12月12日生まれ
なので、2016年には31歳になります。

 

東京都荒川区出身の貫地谷しほりさんですが
中学生のときに新宿のホームにいたところ
スカウトをされて芸能界入りをしています。

 

その後、2002年に映画「修羅の群れ」芸能界
デビューをしています。

 

2004年にはフジテレビドラマ「大奥〜華の乱〜」
NHK大河ドラマ「風林火山」などに出演をして
徐々に知名度をあげていきました。

 

そして、2007年のNHK連続テレビ小説
「ちりとてちん」で主演を務めて幅広い世代の
人々への認知が高まりました。

 

貫地谷しほりさんは役柄で取得したトランペットが
こうじて特技にまでなっているそうです。

 

2007年のNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」で
共演をした俳優「渡瀬恒彦」さんからは
「女優になるために生まれてきたような子。頭がよく
体も神経もタフで感受性が豊かで表現が的確」と
コメントされています。

貫地谷しほりが太った体重の実態とは?

 

スポンサードリンク

 

貫地谷しほりさんが芸能界にデビューをして
メディアの登場し始めたのは貫地谷さんが
17歳頃です。

 

デビュー当初はほっそりとした顔のラインや
体つきで目鼻立ちがくっきりとしていた感じでした。

 

しかし、ときがたつにつれてだんだんと
貫地谷しほりさんが太ったと騒がれるように
なったんですね。

 

デビュー当時のほっそりとした貫地谷しほりさんの
画像はこちらから見ることができます。

 

こちらから太ったと騒がれたときの貫地谷しほり
さんの画像を見ることができます。

 

確かに痩せているときから比べるとかなり太った
ことがわかりますね。

 

どうやら、貫地谷しほりさんは食べることが大好き
のようです。中学生のときに部活を始めたら
食欲が半端なく湧いてきて食への執着心が
すごくなったようですね。

 

さらには貫地谷しほりさんは「干物女」といわれて
いて、家のことをすることが大の苦手・・・

 

料理はおろか掃除すらろくにしないので汚部屋化
しているという話もあります。

 

父親がときどき部屋の片付けにきてくれているという
証言もあるようですね。

 

食べることがすきだけど動くことが嫌いとなると
確かに年齢を重ねれば重ねるほど代謝が悪く
なるので太りますよね・・・・

 

貫地谷しほりさんは自分でかなり太っているという
ことは認識しているようですが・・・・

 

ネットで57kgあるという書き込みを見て
思わず「そんなにあるか!」といってしまったとのこと

 

ま・・・一番太っていた時期は57kgはないにしても
40kg代というのは考えにくですよね。

 

52kg〜53kgぐらいはあったのかもしれません。

貫地谷しほりの彼氏との結婚が噂される?

貫地谷しほりさんには長くお付き合いしている
一般人の彼氏がいるという噂です。

 

彼氏は「電通社員」だという話。

 

しかし、もともとモデルをしていたということで
かなりのイケメンなんだとか・・・

 

じつは貫地谷さんとは高校時代から友人関係に
あったそうなんです。

 

2010年に報道で貫地谷しほりさんと一般人の
彼氏の情報が流れたようですが2000年ごろから
お付き合いしていたようです。

 

どうやら彼氏のマンションに出入りする貫地谷しほり
さんが目撃されたり、打ち上げに同席していたり
公然とお付き合いしているようです。

 

その後・・・・2014年ぐらいに貫地谷しほりさんが
年内に結婚か!と騒がれたことから本人がブログで
否定する騒ぎとなったようです。

 

どうやら以前から貫地谷しほりさんは
28歳で結婚をして30歳で子供を産みたいと
言っていたようで・・・

 

長いお付き合いの一般彼氏がいるのなら結婚を
するのではないかと推測されたことが理由
だったようですが・・・・

 

最近では結婚の年齢もあがっていますので
もう少し独身を満喫してからと考えているのかも
しれません。

 

ましてや、結婚となると貫地谷しほりさんが
大嫌いな家事をしないといけなくなりますからね。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ