スポンサードリンク

林家パー子の若いころで昔の画像は?笑い方は林家ぺーのDVで?

林家パー子の若いころで昔の画像は?

笑い方は林家ぺーのDVで?

pako_001

 

林家パー子の若いころで昔の画像は?

林家パー子さんといえば旦那である

林家ペーさんとの夫婦漫才のような

イメージのあるタレントさんですね。

 

林家ペーさんの言葉に笑うのは

林家パー子さんしかいないのでは?

というノリでいつも笑いをお茶の間に

届けてくれますが・・・・

 

林家パー子さんの若いころに

注目が集まっています。

 

なぜここにきて若いころに注目が

集まっているのかというと・・・・

 

東国原英夫さんが再々婚を

した相手というのが一般人女性

なんですが・・・・

見た目が林家パー子さんの

若いころに似ているとの発言からでした。

 

パー子さんの若いころの画像を

探してみました。

 

こちらから林家パー子さんの

若いころの画像をみることができます。

 

可愛らしいですね♪

 

しかし、今とイメージがほとんど

かわらないといった感じもします。

 

パー子さんの顔立ちは可愛らしい

顔立ちなので年を重ねても

あまり雰囲気が変わらないのかも

しれませんね。

ものすごく美人のほうが老ける

っていいますもんね。

 

しかも現在もパー子さんは

スタイルも良いのでさらに

印象が変わらないのかもしれませんね。

 

しかし芸能界のおじさま方はすごいですね

東国原さんも20歳年下の女性ということで・・・

若い世代の男性が結婚に踏み切らない人が

多い中・・・年配の男性が若い女性をつぎつぎと

ゲットしているといった印象ですね。

 

ま・・・それもこれもお金あってのことでしょうけどね

 

スポンサードリンク

林家パー子の笑い方は林家ペーのDVが?

林家パー子さんはそもそも女性落語家として

芸能界入りをしました。

 

美人落語家として一躍脚光を浴びたんです。

 

若いころから明るい大らかな笑顔と

可愛らしさから落語だけではなく

司会などでレギュラー番組を持つように

なったんです。

 

旦那である林家ぺーさんは兄弟子

にあたるんです。

 

パー子さんはぺーさんと結婚して

以来は夫婦での出演が多くなったんです

 

パー子さんは1948年8月13日生まれで

2014年で66歳になります。

 

林家パー子さんとぺーさんはおしどり

夫婦としてのイメージが強いですが

実はかなりの亭主関白ということが

明らかになったんです。

 

普段の衣料品の買物でもピンクの

洋服を店員にあるかどうかきいてこいと

きつい口調でパー子さんに言ったり

 

試着したぺーさんにちょっと小さくない?

と言うと

「小さくていいんだよ!あなたが着りゃ

いいじゃん!」と声をあらげる始末

 

買物をした荷物をもつのも

パー子さんの役目のようにどんなに

重たくなっても知らんぷりして

まったく気にすることもないようです。

 

ぺーさんは自身でなにかを

することはなく美容室に髪型を注文

するのもパー子さんの役目と思っているようで

出来上がりが気に入らないと

美容師ではなくてパー子さんに

あたりちらすそうです。

 

酒の席でも気に入らない発言を

したパー子さんを小突いたりしている

ぺーさんがいたようです。

 

亭主関白といわれても

気にするそぶりもなくダジャレなどを

言う始末だった林家ぺーさん・・・・

 

このような男性は亭主関白という

都合のよい言葉で片付けないで

欲しいですよね。

 

どうして一番大事な嫁という

存在にたいしていたわりの気持ちや

優しさを持って接することが

できないのかなぁ~と思いますよね。

 

時代といえばそれまでなんでしょうが

このぐらいの年配の人が

街中で旦那が嫁に声をあらげて

いる様子をみることがあります。

 

周りの人にも嫌な気持ちを

もたらしているとわからないのかなと

気分が悪くなります。

 

林家パー子さんも30年間という

長い間そのような対応に

必死に耐え続けてあのような笑い方を

しないと怒られるのかなとなんだか

テレビでみても逆に冷めて見てしまい

そうですね。

 

嫁は自分のいいなりになる

物ではないと自覚してほしいですね。

 

このような結婚生活をみせられると

若い女性は結婚願望がどんどん減って

さらに少子化が進むといった

悪循環につながりそうですよね。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ