スポンサードリンク

高橋一生の両親が金持ちで母親の真相とは?生い立ちがやばい?

高橋一生の両親が金持ちで仕事の真相とは?生い立ちがやばい?

高橋一生の芸能界デビューのきっかけや子役としての?

高橋一生さんは俳優として活躍を
している方です。

 

1980年12月9日生まれです。

 

東京都出身で
幼少期にはふさぎがちだったのを見ていた
祖母が様々な習い事をさせたが続かな
かったそうです。

 

しかし児童劇団に入れてもらっていたが
定期的にある発表会を見に来ていた
祖母が喜んでいるのを見て感動したそうです。

 

そのことがきっかけとなって
演技の世界に入っていったようです。

 

その後は子役として活躍をし始め
1990年の映画「ほしをつぐもの」で
映画初出演を果たしました。

 

1995年スタジオジブリ製作の
アニメーション映画「耳をすませば」で
主要キャラクターの「天沢聖司」の声を
演じています。

天沢聖司の役のときは中学生で
ギリギリ声変わりをする前だったようです。

 

2001年から劇団扉座に入団をして
舞台「フォーティンブラス」で準主役
デビューを果たしました。

 

2015年のテレビドラマ「民王」で
貝原茂平役を演じて、第1回
コンフィデンスアワード・ドラマ賞と
第86回ザテレビジョンドラマアカデミー
賞でそれぞれ助演男優賞を受賞しています。

 

2017年には「カルテット」に出演を
するとともに、NHKでも大河ドラマ
「おんな城主 直虎」や
連続テレビ小説」「わろてんか」に
おいて準主役級で相次いで出演を果たし
人気を不動のものとしています。

2017年上半期ブレイク俳優ランキング
において、10代から50代までの
男女対象の世代別のランキングでも
すべて首位となっています。

 

2018年「僕らは奇跡でできている」
では民放ゴールデン・プライム帯で
テレビドラマ初主演を果たしました。

高橋一生の両親が金持ちで母親の真相とは?生い立ちがやばい?

スポンサードリンク

 

高橋一生さんの実家はお金持ちなのか?
気になっている人も多いようですが・・・

その理由としては子供の頃に東京の赤坂
に住んでいたことや幼少期には青山の
学校に通っていたことなどにあるようです。
両親・・父親や母親とは一体どんな
方なんでしょう?

 

実は・・・高橋一生さんの母親は
3回の結婚を経験しています。

 

そのために高橋一生さんには
父親が3人と兄弟が4人います。

 

1番目の父親との間に高橋一生さんが生まれ

2番目の父親との間に次男と三男

3番目の父親との間に四男と五男が生まれています。

 

長男であった高橋一生さんは子供の
頃から弟たちの面倒をよく見ていたようです。

 

高橋一生さんの母親は実業家のような
ことをしてお金を貯めては事業を起こしては
失敗してということを3〜4年くらいのサイクル
でまわしていたようなんです。

 

そのために事業がうまくいかなくなると
子供のギターを売ったり、仲の良い友達
の母親にお金を借りてくるように頼まれたり
したこともあったようです。

 

幼少期には高橋一生さんは赤坂に
住んでいたそうですが・・・

どうやら「成城」「祖師谷」「本駒込」
「三軒茶屋」などの地域を転々としていた
ようですね。

 

高橋一生さんの母親は2015年に癌で
なくなっているようですが・・・

 

生前は折り合いが悪く高橋一生さんと
母親や10年ぐらいあっていなかったそうです。

 

その後、弱っていく母親に会いに
いったそうですが・・・

 

母親から「ごめんね、いままで」と
いった声をかけられて和解に至った
ようです。

 

しかし、それは母親が亡くなる1週間前
のできごとだったようです。

 

幼少の頃から劇団に所属して現在は
人気絶頂で人生順調だったんだろうと
おもいきや・・・・かなりの生い立ちが
ありました。

 

それでも負けずにくさらずに現在の
ポジションを築いた高橋一生さんはとても
素晴らしいですね。

 

そして・・・
実は高橋一生さんの弟さんである
三男の「安部勇麿」さんは
バンド「Never Young beach」の
ボーカル兼ギターをやっているんです!


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ