スポンサードリンク

子門真人の現在画像や収入が驚きの?仕事や私生活とは?

子門真人の現在画像や収入が驚きの?仕事や私生活とは?

子門真人の幼少期や過去の音楽活動とは?

子門真人さんは元歌手として活躍をしていた
方ですね。

 

爆発的ヒットをした「およげ!たいやきくん」
を歌っていたということで誰もが知っている
方なのではないでしょうか。

 

1944年1月4日生まれなので、2017年には
73歳になります。

 

幼少期は引っ込み思案な性格を心配
した母からの勧めで児童劇団に所属をして
いました。

 

歌手としてデビューする前には広告代理店
で働いていました。

 

熱心な日本聖公会のクリスチャンであった
ことも芸名の子門という名前から推測
されます。

 

東京都目黒区出身で、1966年に「藤浩一」
という芸名で歌謡曲の歌手として日本
グラモフォン(ユニバーサルミュージック)
からデビューをしています。

 

藤浩一としては5枚のシングル盤を出した
んですが、全くヒットをせずに1年半後に
引退をしています。

 

1968年フジ音楽出版(フジパシフィック
ミュージック)に入社をして音楽活動は
継続して行っていました。

 

CMソングなどを歌っていたりスタジオ
ヴォーカリストとして活動をしていたようです。

 

1971年特撮テレビドラマ「仮面ライダー」
の主題歌である「レッツゴー!!ライダーキック」
を歌唱し、これが大ヒットをし130万枚を
超えるヒットになっています。

 

このことをきっかけにしてアニメソングや
特撮ソングを歌うことになったようです。

 

1972年には円谷音楽出版に移籍をして特撮
テレビドラマの主題歌の多数を手がけて
います。

 

1975年に「ひらけ!ポンキッキ」の中で
発表された「およげ!たいやきくん」が大ヒット
オリコンチャートで初登場1位を獲得して
史上初の11週連続1位を記録しました。

 

この大ヒットがきっかけとなってテレビに
も多く露出するようになりました。

 

1980年代にはアニメソングを歌うことは
少なくなったんですが音楽プロデューサー
として活動を広げていきました。

 

その後もゲームソフト用の主題などを
手がけたりと活動をしていたんですが
1993年に「人間が嫌いになった」という理由
で芸能界を突如引退しています。

子門真人の現在画像や収入が驚きの?仕事や私生活とは?

 

スポンサードリンク

 

子門真人さんは子供たちに大人気となった
曲を多く歌っていましたが・・・・

現在の活動などを知っている人は
ほとんどいないようです・・・・・

 

現在はどうなったのか気になる人も多い
ようですが・・・・

 

1993年に人間が信用できなくなったとして
引退をして以来は表舞台に全く出てきていません。

 

過去に日テレで「あの人は今」という番組の
初期の回で子門さんを取材しようとした
そうですが、怒った子門さんがスタッフを
追いかけまわすという展開になって数十秒
で放送は中断してしまったそうです。

 

およげ!たいやきくんなどの爆発的ヒット
曲を歌ったにもかかわらず、子門さんには
売上金は入らない契約だったために
もらったのは5万円と白いギターのみ
だったようです。

 

子門真人さんが引退した後に出された
楽曲でもしかしてこの歌声は子門さんなの
では?と言われた曲があったようですが
真相解明はされなかったようですね。

 

引退後の生活は全くあかされていない
ようですが、クリスチャンということもあり
どこかで静かに暮らしているのかもしれ
ませんね。

 

しかし、あれだけヒットした曲を歌って
いたにもかかわらず5万円しかもらえなかった
とはなんともつらいですね。

 

音楽というのは作曲者や作詞者と歌い手が
それなりに利益を得なければいけません。

 

子門真人さんも自身がやったことに
対する評価があまりにも低いということから
人間不信におちいったのかもしれない
と思ってしまいますね。

およげ!たいやきくんや子供用ヒット曲が?

およげ!たいやきくんは口ずさめる
人がいないのではないか!というぐらい
爆発的なヒットとなりましたね。


時代の流れの中でなにがヒットとなるか
わかりません。

 

子門さんの特徴的な低音が響く声も
およげ!たいやきくんにマッチしていた
のかもしれませんね。

 

子供用の歌でヒットしたといえば・・・
「だんご3兄弟」もすごかったですね。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ