スポンサードリンク

坂本九の事故での死因は飛行機で真相や原因や生存者の謎が?

坂本九の事故での死因は飛行機で

真相や原因や生存者の謎が?

kyuu_001

坂本九のデビューからヒットするまで!

坂本九さんは俳優やタレント・歌手・司会者
などの多岐な分野にわたって活躍しみんなに
愛される存在でした。

 

坂本九さんは1941年12月10日に生まれ
1985年8月12日の満43歳という若さで
亡くなられています。

 

1958年に日大横浜学園在学中に
ロカビリーバンドとして活動していた
「ザ・ドリフターズ」に加入をしてボーカルを
担当したんです。

 

半年後にドリフターズを脱退し1959年に
「題名のない唄だけど」でデビューしたん
ですが、まったく売れませんでした。

 

1960年に東芝レコードに移籍をして
「悲しき六十才」で10万枚の売り上げで
初ヒットとなったんです。

 

さらに!!

 

1961年の「上を向いて歩こう」では
日本人で知らない人はいないぐらいの
大ヒットになったんですね。

 

1963年には「SUKIYAKI」というタイトル
で「ビルボード」でも3週連続1位を
獲得するという偉業を果たしました。

 

スポンサードリンク

坂本九の事故に遭わなかったはずの真実!

坂本九さんは、1985年8月12日の
「日本航空墜落事故」で亡くなられています。

 

43才という若さでの事故であまりにも
早い死に多くの人が悲しみました。

 

実は、坂本九さんは普段は国内移動に
日本航空ではなく必ず全日空を使っていたんです

 

嫁の由紀子さんも必ず手配は全日空でと
言っていたほどだったんです。
しかし、当日は全日空便が満席で飛行機や
ホテルなど手配した招待側の側近は
チケットを確保できなかったので、
日本航空123便を手配したんです。

 

乗り前まで全日空への変更をお願いして
いたようですが、お盆だったということで
空きが出ずに・・・結局は乗ることになった
ようです。

 

運命とは何か?寿命とは何か?あらがえない
運命があるのではないかと考えてしまいます。

坂本九の飛行機事故の真実や生存者の謎?

日本航空123便墜落事故は1985年8月12日
に群馬県多野郡上野村の高天原山の屋根に
墜落した事故です。

 

乗員乗客524名のうち死亡者数は520名でした。

 

4名の方が生存者として発見されました。

 

2015年現在までに日本国内で発生した
航空機事故では死者数が最多で単独機の
航空事故でも世界最多という悲惨さでした。

 

1987年6月19日に航空事故調査委員会が
公表した報告書では同機が1978年に
伊丹空港でおこしたしりもち着陸事故後の
ボーイング社の修理が不適切だったことによる
圧力隔壁の破損が事故原因だと発表されました。

 

しかし、遺族や航空関係者からは再調査を
求める声があったんですが行われていません。

 

日航航空機墜落事故については実は真実が
ねじまげられて本当の事故原因が隠されて
いるという話が根強くありますね。

 

当時、墜落した事故機の尾翼にオレンジ色の
破片が突き刺さっている画像がありますが・・・

 

オレンジ色の機体は自衛隊の機体だった
んですね。

 

自衛隊機が接触したので墜落したのでは?
という疑惑があります・・・・

 

そして、もう1つは米軍の極秘訓練が
当時行われていて、撃墜訓練用のターゲット
飛行物が尾翼に接触したという噂も
あります。

 

インターネットや個人の情報収集が
発達した現代だったら真実が明るみに
出てくることもあったのかもしれませんが
当時の状態では本当の本当のところは
明かされることは永遠にないのでしょう。

 

あまりにも多くの犠牲者をだしたことや
事故原因の真実が釈然としないという点も
長い間被害者家族を苦しめているんでしょう。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ