スポンサードリンク

紀里谷和明の再婚した嫁って?離婚理由とは?嫌われた理由が意外!

紀里谷和明の再婚した嫁って?

離婚理由とは?嫌われた理由が意外!

kiriya_001

紀里谷和明の過去が中途半端?

紀里谷和明さんといえば、映画監督や
写真家として活動をしている方ですね。

 

宇多田ヒカルさんの元旦那として
印象が深い人も多いのではないでしょうか。

 

紀里谷和明さんは1968年4月20日
生まれなので、2015年で47歳になります。

 

紀里谷和明さんは熊本県出身で

本名が「岩下和裕」さんというんですね。

 

俳優さんなどではなく本名で活動していない
とはなんか意外な感じがします。

 

紀里谷和明さんは熊本・宮崎で手広く
パチンコ店を経営する岩下兄弟社代表の父
がいます。

 

父親岩下博明さんと軍人の娘で
あった道子さんの間に長男として
生まれました。

 

免田町の小・中学校に進学したんですが
中学2年生の終了と同時に中退をして
単身アメリカのサンディエゴに向かったんです。

 

アートハイスクールでデザイン・音楽・絵画
写真などを学んでいます。

 

その後・・・・パーソンズ美術大学環境
デザイン科に進んで建築を学んだんですが
2年で中退をしています。

 

21歳のときにデザイン会社を設立したんですが
うまくいかずにヨーロッパやアフリカを放浪した
そうです。

 

大学中退をしてから5年間は何を
やってもうまくいかなかったそうです。

 

紀里谷和明さんが26歳のときに音楽雑誌
「VIBE」の作品をきっかけに写真の
仕事の広がりをみせたようですね。

 

その後買う多くの作品を手がけた後に

2004年に「新造人間キャシャーン」を
映画化して監督デビューをしています。

 

何事も途中で投げ出してはいけない
ということなんですね。

 

次になにかを始めるにしても
まずはやり始めたことを
やり遂げるということも重要なのかも
しれません。

 

ま・・・しかし・・・人生には
途中で何かを投げ出し違うものに
切り替えたからこそうまくいったという
人もいるので一概にはいえないかもしれませんが。

 

スポンサードリンク

 紀里谷和明の再婚した嫁って?

紀里谷和明さんはアーティストとして
有名な「宇多田ヒカル」さんと
結婚をしていた過去があります。

 

紀里谷和明さんは2002年9月に
宇多田ヒカルさんと結婚をして
2007年3月に離婚をしています。

 

元嫁である宇多田ヒカルさんは8歳年下の
イタリア人男性と再婚をしていますが・・

 

 

紀里谷和明さんは再婚をしたのでしょうか?

紀里谷さんは現在はまだ再婚は
していません。

 

紀里谷和明さんは見かけはシュとした
紳士という雰囲気ですが
実は肉食系の男性のようですね。

 

大の合コン好きということでも
有名だそうです。

 

飲食店のトイレで合コンで知り合った
女性とイチャイチャする姿も
目撃されているようです。

 

そんな中で紀里谷和明さんがぞっこんの
セクシータレントがいるそうです。

 

実はその相手というのは元A⚪️女優の
「蒼井そら」さんだそうです。

 

ま・・・・しかし・・・蒼井そらさんと
再婚ということは考えにくような
気がしますよね。

紀里谷和明の宇多田ヒカルとの離婚理由

紀里谷和明さんは宇多田ヒカルさんと
結婚をするときに
一生彼女に添い遂げるというぐらい
いれあげていたようですね。

 

しかし2人は離婚ということに
なってしまいました。

 

紀里谷和明さんの離婚理由は
紀里谷さんが語っているようですが
「宇多田ヒカルさんは若すぎて
自分は未熟だった」といっているようです。

 

結婚するときにももし、自分以外の人を
彼女を選ぶことになっても
しょうがないが何かあって助けを
もとめられたらなんでもすると語って
いたようです。

 

そう考えると紀里谷和明さんにとって
宇多田ヒカルさんを上回る人を
探すことはかなり困難なことかもしれませんね。

紀里谷和明が嫌われた理由?

紀里谷和明さんは
日本映画界からかなり嫌われたという
過去があるようですね。

 

実際に紀里谷さんは海外生活が長いなど
日本的な生活をしている時間は短い
のかもしれませんね。

 

日本映画界を否定する発言を思った
ままに口にしたり
「CASSHERN」の現場でも映画界の
しきたりをまったく無視するような行動を
とったようですね。

 

やはり仕事というのはその国に準じて
違うやり方があるものです。

 

欧米がそうしているからといって
日本でそういう行動をとると
仕事がやりにくくなるということは
考えていかないと自身の首をしめる
ことになりますよね。

 

いくら良い作品を排出する人でも
あまりにも周りの人間のことを考えなかったり
自己中だったりするとどんどん
助けてくれる人は減っていきそうですしね。

 

やはり何事も人を大事にしないと
ダメだということですね。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ