スポンサードリンク

河東泰之の嫁も子供も秀才?天才数学者!両親や実家が要因で東大なのか?

kawa3_001

河東泰之の嫁も子供も秀才なのか?

天才数学者の素顔とは!

両親や実家が要因で東大にいけたの?

頭が良すぎて別次元に

河東泰之_001

 

スポンサードリンク

河東泰之の嫁も子供も秀才?

河東泰之さんは現在東京大学大学院教授をしている

数学者です

日本が誇る天才といってもいいぐらいの能力の

持ち主なんですが、結婚して嫁がいるのか?子供もいるのか?

とても気になるところですね

 

どうやら河東泰之さんは旧姓が浅野泰之さんというんです

1985年3月に結婚をしています

嫁の河東晴子さんと結婚をしたときに名字を浅野から河東に

変えているんですね

名字を変えた事情については詳しくは載っていませんでしたが

嫁の曽祖父の弟が俳句の河東碧梧さんなのでお家柄が

いいのではないかと思われます。その上に嫁が一人っ子か

女兄弟しかいない可能性が高いですよね

 

そこで嫁の性を守るために嫁のほうの河東という名前に

したのではないかと推察ができますね

 

嫁の晴子さんもなんと!東京大学の理Ⅰの時の同級生だそうで

河東泰之さん同様に優秀な方なんですね

子供さんに関しての詳しい情報はなかったんですが

いることは確かですね

1991年から1992年に年に3回ほどヨーロッパに仕事で

いっているようなんですが、全て子供を連れて行ったと

いう表現がされています

結婚をしてすぐに子供が生まれていたと仮定すると

現在は20代後半の可能性が高いですね

 

河東さんご夫妻の子供さんということになると

かなりの優秀な遺伝子が受け継がれているでしょうし

勉強する環境が整っていると思われるので子供さんも

きっと天才なのではないかという感じです

河東泰之の経歴って!

河東さんは記憶があるぐらいの年齢から数学者になりたいと

思っていたようです

生まれたのは東京都で何度も引っ越しをしているようです

千葉県や埼玉県・東京都と転々としたそうです

 

中学校は1975年に麻布中学に入学しています

その後1978年に麻布高校に入り当時はコンピュータばかり

やっていたそうです

1981年に東京大学教養学部理科Ⅰ類に入学しています

このころにASCIIのバイトで雑誌記事の手伝いや原稿を書いたり

解説書書きなどをしていたそうです

 

面白いのがASCIIが入っていたビルが当時コムデギャルソンと

一緒だったそうで服装のぼろい若い人がASCIIの人で

ファッショナブルな人がギャルソンと

見分けがつきやすかったそうですよ

 

しかし東京大学の理学部数学科に進学したあたりから

まじめに数学の勉強を始めたそうです

人のやらないことのほうが面白いという理由から

4年生のセミナーでの先生からアメリカ留学を勧められた

そうです。この時点でのTOEFL553点だったそうです

英語の点数については驚くほどのものではなかったんですね

河東泰之の実家や両親は?

河東さんは、子供のころに引っ越しを沢山していると

言っていますので、転勤族の会社に父親が属していた

可能性が高いと思います

 

はっきりとした職業はわかりませんが中学校も高校も

私立に進学していることからそれなりに裕福な家庭で

育ったのではないでしょうか

 

そして河東さんは結婚したときに浅野という名前から

嫁のほうの名前に変えているんですが

そのことから河東さんには兄弟がいるのではないかと思います

自分のほうには継ぐ人がいたから嫁のほうの

性になれたんではないでしょうか

河東とかいてかわひがしって読むんですもんね!

かなり珍しい名前なので継承していきたいのでしょうね

河東泰之の生まれた1962年5月に何が起こった?

1962年の5月1日に第45代横綱である

若乃花(初代)が引退を表明しました

まさに大相撲の黄金時代といってもいいような時ですね

このころから甥っ子達が活躍するぐらいまでは

相撲人気はいまでは考えられなくぐらいのすごいものでした

テレビ番組などもお相撲さんだけが出演して

歌やゲームの対抗するような番組もあり大変人気でした

いまでは相撲に行く人すらも少なくなっている現状ですよね

 

初代若乃花である花田勝治さんは貴乃花と3代目若乃花の

おじでもあるんです

 

引退後には双子山部屋を創設して弟と(貴乃花と若乃花の父)

2代目若乃花(横綱)や隆の里(横綱)や若嶋津(大関)

などを育てて日本相撲協会の理事もつとめています


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ