スポンサードリンク

藤井隆が消えたの干されたの?乙葉との離婚の噂で子供が?

藤井隆が消えたの干されたの?

乙葉との離婚の噂で子供が?

fujii_001

藤井隆の過去が!

藤井隆さんはお笑い芸人や俳優や歌手
として活躍しています。

 

藤井隆さんは1972年3月10日生まれ
なので、2015年で43歳になります。

 

大阪府豊中市出身で
豊中市立第九中学校を卒業後
大阪市立西商業高等学校を卒業後

化学薬品会社の経理課に勤務していました。

 

その後・・・・

サラリーマンを続けながら
1992年に吉本新喜劇プロジェクトに
入りました。

 

さらには
1992年「テレビのツボ」でテレビデビューを
したことでサラリーマンを完全に
辞めて吉本興業一本にしたそうです。

 

藤井隆さんというと真面目という
感じですが、一時期吉本新喜劇を退団して
オランダを放浪していたそうです。

 

帰国後に吉本に挨拶にいったら
何事もなかったように仕事をいれられた
ために復帰をすることになったそうです。

 

1997年からは「超!よしもと新喜劇」で
オカマキャラを演じて全国区でブレイク
しているんです。

 

その後は人気は急上昇して
2000年には「浅倉大介」さんの
プロデュースでシングル「ナンダカンダ」
で歌手デビューを果たして
「NHK紅白歌合戦」にまで出場しています。

 

スポンサードリンク

藤井隆は消えたの?干されたの?

藤井隆さんというと一時期爆発的に
売れっ子という感じで
テレビへの露出はすごかったように
感じますね。

 

藤井隆さんといえば、おかまキャラが
人気に火をつけたといっても
過言ではありません。

 

しかし、最近では以前の爆発的に
売れているときのような露出は
ないように感じますね。

 

ネットでは「消えた」「干された」
などの噂が飛び交っていたようですね。

 

そこで真相を調べてみました。

 

すると・・・どうやら路線変更が
露出現象の原因なのではと言われて
いるようです。

 

藤井隆さんは本人の希望もあって
おかまキャラから司会業へと路線変更
をしていったんですね。

 

確かにお笑い芸人さんが売れていく
一つのステップとして強烈なキャラで
売れるというのはあることです。

 

そこで自然に路線を変更して定着して
いくのが狙いだったのかもしれませんね。

 

しかし、司会業というのはかなりの
ライバル芸人がいるという現状で
視聴率に直結する数字を取れないのでは?
とテレビ局側から懸念されて使われ
にくくなったとも言われています。

 

とはいっても・・・・
藤井隆さんはとても礼儀正しく
感じの良い人ということがあるようで
全くレギュラーがなくなったという
わけではなく
「浜ちゃんが!」や
「発見!仰天!!プレミアもん!!!
土曜はダメよ!」などなどに
出演しています。

 

さらにはバラエティばかりではなく
最近では舞台にも出演していますし
さらにはNHKの大河ドラマ「真田丸」
にも出演しますので定着してさらに
安定した仕事量になって良い感じ
なのかもしれませんね。

藤井隆と乙葉の離婚って?子供は?

藤井隆さんは2005年にタレントの
乙葉さんと結婚をしています。

 

藤井隆さんの嫁の乙葉さんの画像は
こちらから見ることができます。

 

藤井隆さんと乙葉さんには
2007年10月31日に娘さんが
生まれています。

 

そんな2人に離婚かも?という噂が
登っているようなんです。

 

そもそも芸能人というのは結婚や
離婚がすぐに噂されてしまいます。

 

全く離婚なんてないカップルにも
そういう噂というのはつきものですね。

 

藤井隆さんと乙葉さんはとても
仲の良い夫婦として有名です。

 

なぜ離婚というような噂がでたのかと
いうと・・・・・

 

いわゆる藤井隆さんの仕事量が減って
さらには乙葉さんが仕事を復活
させた時期に離婚かも思われた
ようですね。

 

確かに、芸能人カップルでは嫁が
仕事を復帰して仕事をしだすと
離婚の前触れといわれることもありますし
事実・・・そのまま離婚というカップルも
存在します。

 

しかし、乙葉さんは藤井隆さんに
幾度もなく窮地の状態を助けられた
という深いつながりがあるようですし
離婚を視野に入れての仕事量を増やす
ということはしていないようです。

 

こちらから乙葉さんと藤井隆さんの
窮地の状態の愛の深い話を
 見ることができます。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ