スポンサードリンク

堀内正美の若い頃の画像や家族の嫁や子供って?純と愛の役柄って?

堀内正美の若い頃の画像や

家族の嫁や子供って?

純と愛の役柄って?

masami_001

堀内正美のデビューのきっかけや父親?

堀内正美さんは俳優として活躍
している方ですね。

 

堀内正美さんは1950年3月22日
生まれなので、2015年で65歳になります。

 

東京都出身の堀内正美さんの父親は
映画監督の「堀内甲」さんです。

 

父親である堀内甲さんはそれまで日本映画界
にはなかった「子供と親が一緒に見ることので
できる児童劇映画」という新しいジャンルを
確率しています。

 

堀内正美さんは
桐蔭学園高等学校を卒業後
桐朋学園大学短期大学部です。

 

桐朋学園に在学中にTBSのプロ

デューサーに
スカウトをされています。

1973年金曜ドラマ「わが愛」で俳優と
してデビューしているんですね。

 

さらに1974年にはNHK朝の連続テレビ小説
「鳩子の海」でヒロインの憧れの人を
演じて一気に名前が知られることになりました。

 

その後は数え切れないぐらいの多くの
テレビドラマや映画に出演しています。

 

主役として有名ではないですが
脇役としてかなり重要な俳優さんでは
ないでしょうか。

 

スポンサードリンク

堀内正美の若い頃の画像って?

堀内正美さんは若い頃から俳優と
して活躍しています。

 

デビュー作品は22歳の頃になるようです。

 

こちらから堀内正美さんのデビュー作の
若い頃の画像を見ることができます。

 

昔から細面のイケメンだったという
印象ですね。

 

その風貌からナイーブな青年役を演じる
ことも多かったようですが・・・

 

金持ちのドラ息子や乱心する公家
さらに妖怪的や殺し屋という狂気を
感じるような役柄まで演じていたようです。

堀内正美の家族の嫁や子供って?

堀内正美さんは結婚しているのか?
嫁や子供の画像などは?と気になるところ
ですが・・・・

 

堀内正美さんは結婚をして素敵な
家族がいるようですね。

 

嫁は一般女性のようなので画像や細かい
プロフィールなどは明かされていません。

 

そして・・・・子供さんに関しては
息子さんが2人いるようです。

 

長男の「甲太」さんは重度のアトピー性
皮膚炎だったそうです。

 

アトピーに効くというものをすべて試しても
なにも効かないような状態だったそうです。

 

嫁もノイローゼになるぐらい悩んでいた
ようですね。

 

そこで・・・・
医者からアドバイスを受けた
「潮風に当たるといい」という言葉を
元に1984年に神戸市北区へ引越しをしたそうです。

 

しかし、当時はすでに俳優として東京で
活躍していました。

 

堀内正美さんは事務所から東京から離れると
仕事が減るぞ!といわれて
神戸市に移り住むことを反対された
ようですね。

 

しかし、堀内正美さんは家族のことが
世界でなによりも大事だったために
たとえ仕事が減ることになっても息子の
アトピーが改善をすることがあるならと
引越しの決断にいたったようです。

 

昔から現在も堀内正美さんは家族を大事に
スタンスは変わっていないのだとか・・・
堀内正美さんが父親として子供に関わって
いたいという思いは自身の過去にあるようです。

 

自分の父親は映画監督として忙しく飛び回って
いたためにほとんど一緒に過ごした記憶が
ないとか・・・・・そのために寂しい思いをし
さらには父親への反発を強めていったそうです。

 

自分と同じ思いだけはさえたくないと

子供と徹底的に関わることを決心したそうです。

 

父親として子供としっかり関われることが
できるのはせいぜい十数年あのでその短い
間に一緒にいる時間を大事にしようと・・・

 

子供が生まれてからは母乳をあげる以外は
なんでもやったそうです。

 

その後・・・阪神淡路団震災が発生しました。

 

堀内正美さんの家のダメージは幸いひどく
なかったようですが・・・・

 

その後は神戸復興のために尽力を尽くして
こられました。

堀内正美の純と愛の役柄は?

堀内正美さんは俳優として多くの
役をこなしてきていますが・・・

 

2012年後半に放送された
NHK朝の連続テレビ小説「純と愛」に
出演していましたね。

 

役柄としては愛(いとし)の父親役でした
若くして優秀な弁護士として関西では有名に
なり名門待田弁護士事務所の1人娘と結婚し
養子にはいったという役柄でした。

 

少し頼りない父親という役柄を見事に
こなしていましたね。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ