スポンサードリンク

橋爪功の現在の仕事や息子との関係とは?嫁や娘との画像が?

橋爪功の現在の仕事や息子との関係とは?嫁や娘との画像が?

橋爪功の生い立ちや父親と母親の関係が?

橋爪功さんは俳優として活躍をしている
方ですね。

 

1941年9月17日生まれなので、2018年
には77歳になります。

 

大阪府大阪市出身で
父親には本妻がいて母親は愛人として
橋爪功さんは生まれています。

 

父親の徳松さんは育ちは極貧の生活だった
ようですが頭が良かったために地元の
篤士家がお金をだしてくれ大学に行きました。

 

橋爪さんが物心ついたころは大阪電気商会
の重役をしていました。

 

橋爪さんには11歳離れたお兄さんと
その間にお姉さんがいますが・・・・

 

お姉さんは橋爪さんの母親が産んだんですが
父親の本妻のほうに子供がいなかったため
本妻のほうに渡されたそうです。
お姉さんは自分が結婚するまで実の母親
は本妻だと思っていたようですね。

 

中学2年生で父親を亡くし父親の本妻は
病弱だったこともあり父の死後まもなく
なくなりました。

 

天王寺高校1年生の2学期に東京に転居し
青山高校に転校をしました。

 

1961年文学座附属演劇研究所の1期生に
応募し合格をしました。

1963年に文学座を離れて劇団雲に参加
をしました。

 

1974年に芥川比呂志演出の舞台
「スカパンの悪だくみ」で大阪弁で
スカパンを演じたことが俳優としての
転機となって一躍演劇界のスターとなりました。

2006年には前代表の仲谷昇さんの死後
円の代表となっています。

 

2001年1月に放送されたFMシアター
「かわり目〜父と娘の15年〜」では
放送文化基金賞演技賞を受賞しました。

 

2011年第46回紀伊国屋演劇賞個人賞を
受賞します。

テレビドラマでは見ないときはないと
いうぐらい出演をしています。

 

演技力が高いといわれている橋爪功さん
も主役を務めるようになったのは
なんと!50代にはいってからです。

 

その後は当たり役も多く俳優として
欠かせない存在となりました。

橋爪功の嫁や娘との画像が?前妻の息子?

 

 

 

橋爪功さんは過去に2度の結婚と1度の
離婚を経験しています。
さらに1度の婚約をし破棄しています。

 

最初の嫁は元宝塚で高岡奈千子さん
という方です。馴れ初めや離婚原因は
昔のことすぎてわかりませんが子供さんは
1人いるようです。

 

スポンサードリンク

 

その後、女優の小川眞由美さんと舞台共演
をきっかけにおつきあいをして婚約を発表
しましたが、その後、結婚に至らずに
別れています。

 

そして、現在の嫁は橋爪功さんよりも
20歳もひと方です。

結婚したときには嫁は大学生だったのでは
と言われています。嫁は沖縄出身のかなりの

美女だと言われています。残念ながら一般人の

方なので画像はありません。

 

真面目そうな橋爪功さんですがかなりの
女性遍歴がある方なんですね。

 

そして現在の嫁との間に、息子が1人と
娘が1人います。
最初の嫁に息子さんが1人います。

 

橋爪功さんの長男は橋爪貴明さんです。
長男の貴明さんはボイストレーニング教室
などを開いているようですね。

 

そして・・・・

次男の橋爪遼さん2004年ごろから
俳優活動を始めて芸能活動をしていました。

そして・・・

長女の橋爪渓さんは舞台を中心に女優や
歌手としても活動をしています。

橋爪功の現在の仕事や息子との関係とは?

橋爪功さんの現在の嫁との息子である
橋爪遼さんが2017年6月に覚醒剤取締法
違反(所持)で逮捕されました。

逮捕の一方を受けて橋爪功さんは取材陣
の自宅のインターフォン越しの取材に対して
困惑をしている様子でした。

 

一夜明けて報道で状況が明らかになると
怒りの感情が増していると関係者が語った
ようです。

 

橋爪功さんは多くの人に迷惑をかけて
仕事に支障がでるといけないということで
しばらくの間、活動を自粛することを
発表しました。

 

30歳をすぎた子供の責任を親がとることは
ないという世間の声もありましたが
自粛となったようです。

 

年老いた親にこんな苦労をかけるとは
きつい話ですね。

 

今後、橋爪功さんが芸能界に復帰する
可能性は高いでしょうが、息子さんの
事件が落着するまでは難しいのかもしれません。

 

息子の橋爪遼さんは懲役1年6ヶ月
執行猶予3年が言い渡されています。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ