スポンサードリンク

羽田圭介が嫌いという理由が!高校や大学の学歴とは?年収の変化が驚愕

羽田圭介が嫌いという理由が!

高校や大学の学歴とは?年収の変化が驚愕

hada_001

羽田圭介の学生時代の行動が?

羽田圭介さんは小説家として「芥川賞」
を受賞したことで一躍時の人になりましたね。

 

羽田圭介さんは1985年10月19日生まれ
なので、2016年には31歳になります。

 

東京都に生まれた羽田圭介さんは高校時代
毎日放課後に40km自転車で走るという
トレーニングをしていたそうです。

 

実は将来的に実業団選手を目指していた
ようで、自転車で北海道まで走破した
経験があるようですね。

 

高校時代の2003年に「黒冷水」という
小説で第40回文藝賞を受賞しているんです。

 

17歳での受賞は当時は3人目で最年少
だったんですね。

 

その後は、2006年に受賞第一作を発表し
2008年には社会人生活と並行をして
執筆活動を続けるという状態でした。

 

スポンサードリンク

羽田圭介が嫌いという理由って?

羽田圭介さんはデビュー当初から注目
をされていた小説家さんだったんです。

 

2010年の「ミート・ザ・ビート」では
すでに芥川賞候補になっていました。

 

しかし、芥川賞候補になるも受賞はのがし
ていたんですね。

 

そして・・・・2015年に
「スクラップ・アンド・ビルド」で第153回
芥川賞を受賞したんです。

 

153回の芥川賞はお笑い芸人の又吉直樹
さんの「火花」と一緒だったために
メディアでの取り上げられ方も少なめでした。

 

しかし、羽田圭介さんがメディアに出演
するとなんとも変わったキャラクターを
発揮して一躍ひっぱりだこになったんです。

 

最近では羽田圭介さんが小説家という
よりも、タレントとしてメディアで活動を
多くしているようなイメージさえありますね。

 

露出が増えればそれだけアンチも増える
のですが・・・・最近は羽田圭介さんを
嫌いという人も多いようですね。

 

嫌いという理由の一つにずばずばと
思ったことを言ってしまう性格にある
ようですね。

 

さらにはちょっと風変わりなところも
あるからかもしれません。

 

しかし・・・小説家たるものそのぐらい
の風変わりさがないと人を感動させる
話は書けないのかもしれませんね。

 

羽田圭介さん曰くメディアに慣れて
いないころに、思ったことを口にしたら
それがいい!とうけたそうなので気にせず
思ったことをいうようにしたそうです。

 

やはり小説家としての本業よりも
効率よくタレント活動はお金がはいって
くるのでおいしいと自身が語っていました。

 

だから・・芸能界を1度経験すると他の
職業につけないということがわかりますね。

羽田圭介の高校や大学の学歴って?

羽田圭介さんは
「明治大学付属明治高等学校」を卒業し
「明治大学商学部」を卒業しています。
羽田圭介さんが通っていた明治大学付属
明治高等学校は偏差値が73もあるそうです。

 

羽田圭介さんは高校時代に小説家として
賞をとりデビューをしているので
誰もが大学卒業後には専業で小説家に
なるとおもっていたようですね。

 

しかし、大学卒業後には就職をして兼業で
小説家の活動をしていたんです。

 

その理由としては親がそのほうが安心を
するからということです。

 

なんとも堅実や親思いの方ですね。

そして羽田圭介さんが働いていた会社
というのがどこか?というのが気になる
ところですが・・・・

 

どうやら大手の「三井物産」という噂
があるようですが・・・確実ということでは
ないようですね。

 

会社勤めをしながら勤務時間以外は小説
を書く時間にあてていたようです。

 

しかし・・・会社員生活もそれなりに楽しく
小説を書かなくなるという危機感をおぼえた
ようで・・・1年半務めた会社を退職した
そうなんです。

 

2009年夏からは専業として小説家を始めた
そうです。

羽田圭介の年収の変化が驚愕!

羽田圭介さんは芥川賞を受賞して一躍
時の人になったんですが・・・・

 

小説家としての年収は「400万円」程度
のようですね。

 

小説家というのはそこまで売れっ子で多くの
作品を出していないと稼ぐことのできない
職業なんですね。

 

しかし・・・・羽田圭介さんは現在は
メディアに多く出演していますので
小説家とは別の収入があると思われます。

 

メディアの活動や講演会などの活動で
年収は1000万円は超えているでしょうね。


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ