スポンサードリンク

小田和正が結婚した嫁の新井恵子の画像って?子供の存在が

小田和正が結婚した嫁の新井恵子の画像って?子供の存在が

小田和正の学生時代やオフコースからソロへの?

小田和正さんはシンガーソングライター
や音楽プロデューサーとして活躍を
している方です。

 

1947年9月20日生まれです。

神奈川県横浜市金沢区出身で
「聖光学院中学校・高等学校」
「東北大学工学部建築学科」
「早稲田大学大学院理工学研究科」
を卒業しています。

 

父親は商店街で小田薬局を経営
していました。

小田和正さんのお兄さんは家業を
継いで薬剤師になっています。

 

小田和正さんは幼少時代に
バイオリン教室に通っていた
そうです。

 

小学校3年製の時中学受験の
ために通って居た進学塾への通学
途中で京浜急行の車中でオフコースの
元オリジナルメンバーである
「鈴木康博」さんと運命の出会いを
しています。

 

鈴木康博さんとは中学校・高校を
通じて同級生でした。

 

1969年アマチュア音楽活動に
けじめをつけるために
「ヤマハ・ライト・ミュージック
・コンテスト」に東北地区より出場
をしています。

 

レベルが高い中、東北地区を1位で
通過をして全国大会に進出しています。

 

全国大会では財津和夫さんのいた
グループが1位となりオフコースは
2位という結果でした。

 

小田和正さんは1位になって音楽
活動にけじめをつけるつもり
だったようですが、2位になった
ことでこのままでは終われないと
プロの道へ進むことを決めました。

 

オフコースは数度のメンバー変え
を経て1972年に小田・鈴木の2人構成
、のちに清水仁、大間ジロー、
松尾一彦を加えた5人構成となりました。

数年間は売れない期間が続きましたが
1970年代から1980年代にかけて
次々とヒット曲を生み出して
時代を代表とする人気グループへと
なりました。

1982年にはオリジナルメンバーである
鈴木康博さんの脱退に伴って
一時は解散も考えたんですが、
1年間の活動休止を経て4人で活動を
再開しています。

 

その後、1989年まで活動を
しています。

1986年に初めてのソロシングル
「1985」、初のソロアルバム「K.ODA」
を発表。1989年のオフコース解散後に
ソロ活動を本格化しています。

 

1991年にフジテレビ月9ドラマ
「東京ラブストーリー」の主題歌として
制作をした楽曲
「ラブ・ストーリーは突然に」が
大ヒットをしオフコース時代には
叶わなかった
「オリコンシングルチャート第1位」
と「シングルミリオンセラー突破」
を一挙に成し遂げました。

その後は、ヒットメーカーとして
地位を確立して楽曲はドラマや
CMなどに積極的に採用されています。

小田和正が結婚した嫁の新井恵子の画像って?子供の存在が

 

スポンサードリンク

 

小田和正さんは結婚をしていますが
嫁は「新井恵子」さんという方です。

当時の新聞記事によると2人は
オフコースのファンクラブを作った
ことがきっかけで交際を始めたそうです。

 

当時、嫁の恵子さんは大学生でした。

小田和正さんと恵子さんは中学時代
からの知り合いだったということで
オフコース時代にも事務所にたびたび
お手伝いにきていたそうです。

 

実は・・・オフコースの
「I LOVE YOU」という曲は嫁への
曲で、「9月になれば・・・」という
歌詞は9月に入籍したためと言われて
いるようで、素敵ですね。

 

小田和正さんに子供がいるのか
きになる人も多いようですが・・・・

どうやらお2人には子供さんはいない
ようですね。

 

本当の理由はわかりませんが
小田和正さんが子供の泣く声が苦手
という話もありつくらなかったのでは?
ともいわれています。

 

小田和正さんが以前
「どこかに子供がいたら困る」と
語っていたようですからw


スポンサードリンク


お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ